県内の医師求人@エリア別の特徴

神奈川県内で働こうと考えた時に、まず気にしていただきたいのがどのエリアを狙うのか、ということです。
どの都道府県で働くにしても「エリアによって状況が大きく異なる」ことは既に皆さんもご存じではないかと思います。
例えば東京都内で選択をするにしても、中心部なのか、それとも東部なのかで傾向が異なってきます。
これは、地域毎に医療格差が生じているためです。

つまり、都道府県単位で考えるのではなく、選んだ都道府県内の傾向をあらかじめ確認した上で、自身の希望に合わせた求人案件をセレクトしていく必要があると言えます。
そこで、今回は神奈川県内における地域ごとの違い、医師求人に関する特徴などを簡単にご紹介してみたいと思います。

県内における狙い目は横浜北部、県央部、県西付近?

まず、一つ最初に意識しておいて頂きたいのですが、皆さんがどのような目的で求人を探しているのかによって、選択するべき場所は異なってきます。
なので、必ずしもこの地域が良いとなるわけではありません。この前提を元に、少しお話をしていきますね。

まず、神奈川県内では横浜南部、湖南西部、相模原、川崎の南部あたりにおいて医師の数が多い比較的多い傾向がみられます。

つまり、今指摘した地域ではある程度医師が充足しているため、求人数が減少傾向にある、あるいは案件における待遇面では「それほど優遇されることはない」という傾向がみられます。
もちろん、案件によって変わってくるので一概にどうとは言えません。しかし、傾向として見てみますと、そうなるということです。
つまり、好条件、高待遇でお仕事を探したいと言う医師の方にとっては、自分にあったお仕事を探しにくいかもしれません。
ただ、逆に症例数をこなしたいなど、スキルアップを目指した転職を検討している方にとっては、少し倍率なども高くなってしまうかもしれませんが、このあたりの地域は狙い目ということになります。

一方、医師不足が深刻な地域としては横浜北部、県央、県西付近において、慢性的な医師不足が指摘されています。
不足している科目としては、内科、外科、産婦人科、小児科などは特にその傾向が顕著であり、求人数そのものも多くなっています。
このように医師が不足している地域であれば、基本的には相場と比較してみて医師求人における待遇が良くなっている傾向がありますので、良い条件で働きたいと考えている条件面重視の方にとっては、非常にお勧めでメリットがある地域と言えるでしょう。