常勤医師と非常勤医師の働き方や条件の違い

この記事をご覧になられている方の多くが「転職を検討している医師」の方であるものと思われますが、皆さまはどのようは働き方を考えておられるのでしょうか。
今は昔と違い、医療業界においても働き方に多様性が出てきたように思います。
それは一般的な所でいえば続く市場経済の不況や、超高齢化社会への変化など、様々な環境的要因が絡み合っているものとみられるため、
私たち個人レベルにおける変化というよりは変わりゆく社会と共に、医師の働き方もまた新しい道が示され始めているのかもしれません。

そこで、今回は転職前に押さえておきたい基本のポイントとして、常勤・非常勤の違いについて、お伝えしてまいりたいと思います。
比較してみると条件なども変わってくるものですので、ぜひ参考にしてみてください。

週32時間勤務が境目と言われる勤務形態の違いについて

既に皆さんもご存じのものと思われますが、基本的に非常勤であるかどうかは1週間の勤務時間が32時間未満か、32時間以上ということで分かれてきます。
これはいわゆる「医療法第25条第1項の規定に基づく立入検査要綱」に記載のあるものであり、基本的にはどの医療機関もこの考えをベースに判断しているものと思われます。
ただ、実態としてはこの要綱を厳密に採用していない医療機関が多いのも確かです。
つまり、最終的には医療機関によって規定が異なる、ということは覚えておいた方がいいでしょう。

では、実際に両者の違いはどのように現れるのか、それもまとめておきたいと思います。
単純に勤務の違いというだけでなく、基本的には「関係性」そのものも変わってくることが多いものです。
長時間いるから人間関係が深まる、というわけではないのですが、病院そのものの対応が違うと言われることが多いのです。
必然的に、常に勤務している方が当直や時間外勤務などを依頼されやすい立場となることも確かだと言えるでしょう。

また、条件面においても比較してみるとその差があるというのが一般的な認識としてあります。
同じような勤務条件にも関わらず、常勤の方が待遇が良いということは決して少なくないのです。
そのため、ご自身のライフスタイル、働きたい希望に合わせて、どのようにして自身が医師として働くべきなのか、それを明らかにしておくことが先決と言えるでしょう。
違いこそあれ、決してどちらが得でどちらが損かとは言えないことは確かであり、ご自身の希望に合わせて調整することが求められる時代なのではないかと思います。