神奈川県の医師求人の倍率はいかほど?

神奈川県において医師転職を検討している皆さんにとって、実際の求人倍率はいかほどなのか?というところは、少し気になる部分なのではないかと思います。
そこで、今回は神奈川県内における求人事情について、少しお伝えしておきたいと思います。

神奈川県は求人が多いという特徴がある

まず、皆さんにお伝えしておきたいのは県内は非常に医師の求人数が多いということです。
つまり、それだけ応募対象となる案件に幅があるため、選択肢も多くなるでしょう。
そういった意味では、県内での勤務を目指すというのは一つの良い選択と言えます。
ここ数年の県内における医師の増減などを調査したデータがありますが、医師の数が全国と比較すると全都道府県中39番ということで、医師が不足している状況であることが分かります。

データ参照サイト:dr-10.com

中でも特に内科、外科、産科はかなり医師不足が深刻化している部分がありますので、転職先として検討するのであれば、成功する確率が高いエリアであると言えるでしょう。
ただ、人が集中しているエリアであることから、求人数が多いだけではなく、倍率が高いという側面もあります。
看護師などでも有効求人倍率が2.7倍と言われるぐらいですので、応募される方もそれなりに多いと言う印象があります。
ただ、ここでポイントなのは倍率も高いとはいっても、全ての求人に対して応募が殺到しているわけではない、という事実は改めて意識しておきたいところです。

県内での勤務を目指すメリットとは

では、求人数が多いけれど倍率が高いのではイマイチなの?と考えてしまうかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。
何故ならば、医師による応募が殺到する案件、そして、そうではない案件とに割れてくるからです。
全体としてみると平均的な倍率は上がってしまうのかもしれませんが、全ての案件においてそのような事態が発生しているわけではありません。
求人倍率は基本的に平均値によって算出されているものですから、個別にみていけば低い値となる案件ももちろん多いはずです。
また、低いから人気もなく悪い案件かと言われれば、そんなことはありません。
県内ではどうしても都市部に医師が集中してしまい、いわゆる郊外等では医師が不足している状況が続いています。
良い条件のお仕事を狙おうと思えば、そのような場所での求人案件が狙い目と言えるでしょう。
また、県内はそもそもの求人数が多いことから、そういった仕事に出会える可能性が高いというメリットがあります。これを活かさない手はないのではないでしょうか。